俺は雰囲気で仮想通貨をやっている。

こんにちは三太郎です。

 

あなたは今まで投資の経験がありますか?

私はFX(外為)を主にしていました。(現在も)
FXでエントリーする時は主にテクニカルを指標に行っています。
おそらく外為FXをしている人のほとんどはテクニカルを利用しているのでは無いでしょうか?
そして仮想通貨を始める際にも当然のようにテクニカルを利用してエントリーをしていました。
でも、情報を見聞きするようになり気づきました。


テクニカルについて議論、解説している人がほとんどいない。

※ビットコインなど基軸通貨は別

 

そしてもう一つ気づいたことが、

 

通貨への愛着がある人がたくさんいる。

 

私は外為FXの場合主にユロドルを好んで取引を行っていますが、
別にユーロにもドルにも愛着があるわけではありません。
ただ主に使用するテクニカルが発揮しやすいから取引をしているだけです。


目的は単純に利益。

 

円を稼ぐ事。

 

それだけでした。


でも仮想通貨はどうも雰囲気が違うのです。
通貨と名がついているばかりにFXのような感覚で取引を行っていましたが、
どちらかといえば株の感覚に近いものがあるようでした。
そしてそれが顕著に表れるのはアルトコイン。

そのコインの展望と世の中に与える利益を語り、コインに希望を見出し購入するのです。
宗教じみたと比喩(皮肉?)される事もありますがその声に影響され賛同した人がさらに購入し、
価格が暴騰するという事が仮想通貨には多々あります。
他の投資でここまで一方的に価格が上がる現象を見た事がありません。
しかしそのコインの技術面を見た場合、実際には中身が無く利用価値が無いにも関わらず
その展望を大きな声で伝える事が出来た場合でもそれに賛同した人がいると価格が高騰することがあります。


中身が無いにも関わらず。


これがよく言われるアマチュア・アワーと言われる所以かもしれないですね。

別にそれを私は批判する気はありません。たとえ中身がなくても
それに賛同する人間がいて価格が高騰する思ったら私は躊躇なく乗ります。

ここが昔から 暗号通貨 の展望を信じてきた人たちと
私のようなただ利益を得たいと思って最近参入してきた人との違いであり、
多分今後も相いれない部分なのでしょう。

 

そして私はそれを悟った時仮想通貨ではテクニカルを捨てました。

 

それからは通貨の人気(日本でのコミュニティが活発な通貨)や声の大きな人の言動を確認したり、主にファンダメンタルズを分析し仮想通貨を購入しています。

 

いやそんなかっこいい言い方じゃないですね

 

俺は雰囲気で仮想通貨をやっている。

f:id:tarou300:20180110224211j:plain

 

 

 

以上でーす。