双子妊娠中に管理入院したらなぜか+60万円になった話。

f:id:tarou300:20180402012132g:plain

 

こんにちは、三太郎です。 

 

管理入院。これは早産や母子の安全等の理由のため出産前に入院する事です。

一人を妊娠中の方でもトラブルがあった場合入院する事がありますが、 

双子を妊娠中の場合、経過が順調でも万が一のトラブルを回避するため医師から管理入院を勧められる事が多いです。

妻の場合も例外ではなく、出産前に管理入院をする事になりました。

入院自体も不安だとは思いますが医療費の方も不安ですよね…。

ですがうちの場合は支出があったどころか+60万円になったのです。

それは一体なぜでしょう?

 

 

 

管理入院は高額療養費制度を利用できる

管理入院や帝王切開は健康保険が適用されます。

健康保険が適用される入院や手術の場合、高額療養費制度というものを利用する事が出来ます。

高額療養費制度を申請すると所得額に応じて自己負担額の上限が設けられ

下記の金額以上の医療費を支払う事はないのです。

f:id:tarou300:20180331142512g:plain

高額療養費制度を利用される皆さまへ |厚生労働省

うちの妻の場合もこちらを利用したため入院診療費は上記の上限のみでした。

但し高額療養費制度を利用する場合注意点があります。

これは実際に支払った後に給付されるため一時的には自分で支払う必要があるのです。

そのための資金は手元にないといけません。

 

限度額適用認定証を申請すると窓口での支払いが少なくて済む

その場合限度額適用認定証を交付申請し予め病院の窓口に提示すると高額療養費制度分を差し引いてくれるので実際退院し支払う際には上記の表の上限だけで済むのです。

医療費が高額になりそうなとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

 

管理入院、出産の場合高額療養費制度が適用されないものがある

高額療養費制度で医療費に上限が設けられるのはわかったと思います。

ではうちの場合管理入院、出産費用はすべて適用されたのでしょうか?

いいえ。

一部適用されなかったもの、つまり健康保険の対象とならなかったものがありました。

適用されなかったもの

・差額ベット代

差額ベット代とは個室や部屋に入室した際にかかる費用で

病院によって部屋の人数等により金額が異なります。

入院の際に同意書を求められると思いますのでそこで確認しましょう。

・食事代

病院で提供される食事も一部負担となります。

尚1食の負担額は下記のように決められているのですが、

記載の通り平成30年4月1日から値上がります。。。

f:id:tarou300:20180331114721g:plain

入院時食事療養費 | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

 

・分娩費

分娩費は分娩に関わる金額の事でこちらは健康保険が適用されません。

うちでは下記のようなものが含まれました。

[分娩介助料]

分娩介助料とは分娩の際に以上が発生し産科手術や処置が行われた場合にかかる費用です。

うちの場合帝王切開の手術代自体は治療費となり健康保険の適用となりますが、分娩介助料はまた別に請求されました。

正常分娩の場合は分娩料という名目で請求されこちらも適用されません。

 

実際支払った金額は?

うちの場合の請求は高額療養費制度の上限+分娩費+差額ベット代(個室代含む)+食事代の合計が下記でした。

1,072,520円

そして

健康保険に入ってる場合出産育児一時金が受け取れます。

これは子供一人につき42万円。うちは双子なので84万円。

840,000円-1,072,520円-=-232,520円

あれ?マイナスです。

ではなぜ+60万円になったのでしょう。

 

管理入院や帝王切開は医療保険の支払対象になる

妻は管理入院で53日間入院し帝王切開で出産しました。

 そして妻は双子を妊娠する前に民間の医療保険に入っていました。

上記で管理入院、帝王切開は健康保険の適用となり高額療養費制度が利用できると説明しました。

健康保険の適用になるという事は医療保険の支払条件の適用にもなるのです。

妻は医療保険を2件(2社)入っておりそれぞれの補償内容は下記でした。

1件目

・入院日額4,500円

2件目

・入院日額5,000円

・入院一時金50,000円

・手術費用(帝王切開の場合100,000円)

女性疾病特約(日額5,000円)

 

女性疾病特約もつけていたため入院日額に+5,000円ほど追加されました。

それを併せて給付金を計算すると

・入院日数53×14,500円

・手術費用100,000円

合計868,500円が医療保険で給付されたのです。

そして病院からの請求のマイナスを差し引いて手元に残ったお金は635,980円でした。

これが管理入院したらなぜか+60万円になった理由です。

 双子ですと本当に物入りになりますので、これは非常に助かり医療保険のありがたみがわかりました。

 

出産トラブル後は医療保険の審査が厳しくなる

医療保険なのですが、加入していなければ給付されない事は当然なのですが、

管理入院や帝王切開をした場合その後の医療保険の審査が厳しくなる事があります。

出産後妻の保険を見直そうとしたところ加入不可と言われた保険会社もあり

加入は可能だが妊娠、出産トラブル、女性疾病該当の場合でも何年間は支払が出来ないとの回答でした。

そのため現在も保険はそのまま加入しています。

もし出産前に民間の医療保険に入っていなかった場合20万円以上の出費があった上で双子のベビー用品なども用意しなければならず大変でした。

もし現在独身で今は必要無いと思った場合でも今後の事を考えた場合定期的に医療保険は見直すべきかと思います。

医療保険どれを選んでいいかわからない時はプロに相談がベスト

もし保険の内容がわからない、難しいと思うのであればプロに相談するのが一番です。

現在の状況等を伝えればあなたに適切な保険を紹介してくれます。

これは別に女性に限った話ではありません。

男性でも例えば親戚、知り合いに紹介、または頼まれて適当な保険に入りっぱなし。

会社に来た保険の営業に言われるがままなんとなく入ったなんて人は高額医療保険である程度まかなえるのに過剰に保障が厚いものに加入していたなんてのはよくある話です。

他にも同じ保障内容にも関わらず保険会社によって金額が異なる事もあります。

そのような場合もプロに相談したら保険料が下がったなんて事もありえるのです。

 

【保険コネクト】

・平均20社以上、複数の保険商品を比較して提案
・日本全国対応可能(提携人数4000人以上)
・どこでも、何度でも相談無料
・独自の「安心評価制度」にて、項目を満たす優秀なプランナーのみ
・しつこい営業行為 / 強引な加入行為の禁止
・相談者からの評判が悪いプランナーとの提携解除制度
・提案にご納得を頂き、希望商品の加入をご希望の場合のみご契約
・保険相談した人の約90%が満足と回答
・日時や場所等のご希望に柔軟に対応可能

 

【保険見直しラボ】

・ショップ型ではなく「訪問型」なのでご希望の場所にお伺い。
 お客さまの利便性を考慮し、訪問サービスとしております。
 小さなお子様のいるご家庭・外出が難しい・面倒だという方にも
 申込をいただけます。 

 

以上でーす。

※この記事の情報は私が経験した内容に基づいております。

病院、自治体、状況によって金額や状況は異なります。